ライブの詳細は、会場・主催者にお問い合わせください。


祝・春一番 2017
5/4 (木・祝) , 5 (金・祝) , 6 (土)

いとうたかお(vo.g.) with
【宮下広輔(pedal steel guitar) 瀬川信二(b.) gnkosai(d.)】
の出演日は、5/4 (木・祝)です

日時
2017年05月04日(木)
開場・ 開演: 11:00 / 雨天決行。荒天中止。/19:00頃まで

会場
服部緑地野外音楽堂
春一番オフィス
大阪市北区野崎町1-22 日宝扇町ビル504
TEL: 06-6364-1591  
FAX: 06-4792-8839
MAIL:info☆haruichiban.sakura.ne.jp
*お手数ですが、↑☆を@に変えてお送りください*

料金
前売料金 \3,500(各日券) \9,000(3日間通し券) 当日料金 \4,100(各日券) 小学生以下は無料 全席自由



『祝・春一番』・・・今年も開催される。
思い返せば1971年の第一回の天王寺野外音楽堂での『春一番』である。
福岡風太は孤軍奮闘し、共感するミュージシャン達が出演、阿部登などのスタッフはそれを支えようと動いていた。
それから、1980〜1994年までの中断があったとはいえ、1995年は大阪城公園、1996年からは会場を服部緑地野外音楽堂に移し、福岡風太と阿部登は協力しあい2010年まで開催。
2010年に惜しくも阿部登が亡くなった後も、福岡風太は今回まで企画を続けている。
もちろん、コンサートというものは主催者の所有物ではないが、『春一番』は福岡風太のライフワークであることは事実だと思う。
こうなれば、行けるとこまで・・・突っ走るのはもう無理(笑)だと思うので、ゆったり歩いて・・・行ってもらいたい、と思っている。
今年も声をかけてもらえたボクは、with【宮下広輔(pedal steel guitar) 瀬川信二(b.) gnkosai(d.)】の面々とともに、自分の役目を果たすのみ!!


LIVE @ 名古屋『山々堂』
《 今は遠い五月の空 》
田中研二 2017帰国ツアー

共演:いとうたかお

日時
2017年05月17日(水)
午後6時30分開場 午後7時30分開演

会場
山々堂
名古屋市千種区菊坂町2-19
052-763-6262 

料金
前売/当日とも¥2500(1ドリンク付き)



ボクのH.P.を見る人で、田中研二の名前を知らない人はほとんどいないとは思うのだが・・・
田中さんと初めて会ったのは1970年の秋だったと記憶している。
今もボクが唄っている『夜更けの街角』という歌の作者・三枝茂樹(1984年没32歳)は18歳でボクは19歳だった。
田中さんはボクより二つ三つ年上だと思う。
三枝君が
「松本に田中さんって面白い人がいるんだけど、一緒に遊びに行こう」と誘ってくれたのだった。
田中さんは信州大学の学生寮にいた。
豊田市に住んでいた三枝君が、どこでどうして田中さんと知り合ったのかは、ボクは聞かずじまいだったが・・・今でもボクは、田中さんの事を思い出すと一緒に三枝君を思い出すし、三枝君の事を思う時は必ず田中さんの事も思うのだ。
三枝君が亡くなって数年後には、田中さんはオーストラリアに移住したのでほとんど会うことはなくなっていた。
一昨年も帰国されていたが、スケジュールが合わずご一緒出来なかったので
「次の機会には早目に連絡を・・・」とお伝えしてあった。
ゆっくり会うのは何十年振りだ。
生で歌を聴くのも何十年振りだ。
う〜〜ん!! 楽しみだなあ!!


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 東中野

いとうたかお
O.A.:賢朗

日時
2017年05月31日(水)
午後7時00分 開場 午後7時30分 開演

会場
じみへん
東京都中野区東中野1-46-11/HIKOTAビル1F
090-9242-6183 

料金
前売/当日とも¥2500(要別途オーダー)



数年前から、何人かの方から
「《じみへん》でやったら〜〜!」・・・と言われていた。
今回、関東の四ヶ所でO.A.をやってくれる賢朗氏の口利きで、やっと実現。

大都会が苦手なボクですが、ちょっとビビりながら、それでも楽しみにしているのであります。


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 勝田台

いとうたかお
O.A.:賢朗

日時
2017年06月02日(金)
午後7時00分 開場 午後8時00分 開演

会場
昭和酒場/ひみつきち
千葉県八千代市勝田台北 1-3-1 
ヴェリテ勝田台1F
090-6144-3840 

料金
前売/当日とも¥3000-(1ドリンク付き)



今回の関東四ヶ所のライブをやることになったきっかけは、この『ひみつきち』で、賢朗氏が、とある人と出会い意気投合したこと・・・と聞いている。
その人は、どんな人なのか・・・それは行ってみてのお楽しみなのだ。
『ひみつきち』ホームページのトップ写真を見る限りでは、なんとも怪し気な雰囲気を醸しているではないか!!
う〜〜む、これは、油断できないぞ!!っと。


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 人形町

いとうたかお
O.A.:賢朗

日時
2017年06月03日(土)
午後6時00分 開場 午後7時00分 開演

会場
365 サロンゴカフェ
東京都中央区日本橋人形町1丁目8−2/谷津ビル1F
03-6661-1360 

料金
前売 \2,500- 当日 \3,000-(要別途オーダー)



今回の関東四ヶ所ライブの内、ここまでの三ヶ所は、O.A.を買って出てくれた賢朗氏がブッキングしてくれた。
賢朗氏は本名・畔柳賢朗という放送作家なのであるが、名古屋出身で、もう40年以上の付き合いになるが、彼のことはここではこれ以上掘らずにおきましょう。
人形町というので思い出すのはやはり『人形佐七捕物帳』なのだが、ボク達の年代では、松方弘樹か林与一の佐七だろうな。
物語中で佐七の住まいとなっている神田お玉が池は人形町とは近いが、少し離れているようだ。
じゃあ、佐七の二つ名・人形ってのは、人形町ではなくて人形のような美男子ってことなのかもね。
サロンゴの人に訊いてみようっと。
何はともあれ、昔ながらの東京の下町っていうのだろうか・・・この辺りに行くのは生まれて初めてだ。
ちょっと下調べして、早めに着いて、観光スポットなど巡ってみようかなあ
、などと思っている次第なのであります。


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 福生

いとうたかお
O.A.:中野ひでお / 賢朗

日時
2017年06月04日(日)
午後6時00分 開場 午後7時00分 開演

会場
酒楽・休みの国
東京都福生市福生1015-1
042-553-5517

料金
前売 \2,500- 当日 \3,000-(要別途オーダー)



さて、今回の関東四ヶ所ライブ『小さな歌に手を引かれ/麦秋の巻』最終日は、一昨年2015の10月以来、福生『酒楽・休みの国』だ。
店名はもろに居酒屋風なのだが、実は歌好きが集まる場所。
小さいが常設のステージがある。
前回もO.A.をやってくれた中野ひでおさん、そして他の三ヶ所も付き合ってくれる賢朗氏のお二人が、この日はO.A.をしてくれることになった。
よろしくお願いいたします〜〜〜♬


レッツPHP!