ライブの詳細は、会場・主催者にお問い合わせください。


『晩秋の福島〜宮城〜岩手〜うたの旅』
Vol.1
@福島県須賀川市

日時
2019年11月02日(土)
午後7時00分:開場 / 午後7時30分:開演

会場
アコースティックタウン・ぷかぷか
福島県須賀川市馬町1-13
0248-73-2071(店)
090-8250-5959(店主・青津さん) 

料金
予約・前売&当日・とも¥2,500-(1ドリンク付き)



『アコースティックタウン・ぷかぷか』へ初めて行ったのは東日本大震災の翌年2012年10月のことだった。
『ぷかぷか』は、表のお店の部分以外は倒壊した・・・とのことだったが、快く迎えてくれた。
名前のごとく、店内の壁には、50本ほどのアコースティックギターがかけられている。これは、全部売り物なのだった。見ているだけで、楽しいのだった。
店主カップルは、とってもパワフル。
2012〜2015年と、ボクは、4年連続で唄わせていただいた。
今回は、4年ぶりに伺わせていただくことになった。


『晩秋の福島〜宮城〜岩手〜うたの旅』
Vol.2
@福島県郡山市

日時
2019年11月03日(日)
午後7時00分:開場 / 午後7時30分:開演

会場
OLD SHEP/オールドシェップ
福島県郡山市堂前10-15 カタノビル2F
024-938-2203 

料金
予約・前売&当日・とも¥3,000-(1ドリンク付き)



『オールドシェップ』に、初めて行った時のことは・・・ゴメン・・・憶えていない。
とにかく、ず〜〜〜っと前、20代の頃だと思う。
でも、こっちを通る時は、絶対には寄らないことは無い。
とにかく、長〜〜いおつき合いをさせていただいていることは、間違いない。
一緒にお茶飲んでるだけでもイイ・・・店主の伊藤さん夫妻。
今年もお世話になります。
それにしても、『オールドシェップ』も、須賀川『ぷかぷか』と同じく、4年ぶりだ〜〜♬



『晩秋の福島〜宮城〜岩手〜うたの旅』
Vol.3
@宮城県登米市

日時
2019年11月04日(月)
午後5時30分:開場 / 午後6時00分:開演

会場
coffee iPPO
宮城県登米市東和町米谷字南沢156-1
0220-42-3060 

料金
予約・前売&当日・とも¥3,000-(1コーヒー付き)



『coffee iPPO』の店主・嶋村一歩さんは今年38才だというが、初めて会ったのは彼が高校生で、お父さん、お母さん、弟さんと四人で石巻の『サディ』というお店でのライブだったはずなのだが・・・どうも、うまく思い出せない。
『coffee iPPO』は、一歩さんの生家の敷地内にある。
現在、その生家は建て替えられたそうだが、4年前伺った時にはまだその家は建っていた。
その家は、大工さんであるお父さん(ボクと同い年)が、自分で建てたものだった。
その家では、過去、たくさんの歌い手がライブを行なっている。
高田渡、西岡恭蔵、大塚まさじ、豊田勇造・・・など・・・お父さん、お母さんが、そんな人たちを好きで、自宅でライブができるような作りにしたのだと聞いた。
ボクも、2002年が最初で、その後、何度も唄いに行かせてもらった。
お母さんが亡くなって、その数年後に、また唄わせてもらったのも以前建っていた家でだった。
『coffee iPPO』が完成してから伺うのは、これで3度目になるだろうか。
『coffee iPPO』・・・というよりも、嶋村家には、ボクにとっての勝手な思い入れがある。
この辺りの景色というか、空気感というか・・・故郷ではないのに、それに似た感覚が蘇るのだ。
一歩さんにも二人目の子供が生まれ、今後は、今までのようにライブはなかなか出来ないだろう。
今回が、ここで唄える、最後になるかもしれない。
でもね・・・思い出はたくさんある。だから、大丈夫・・・♬
『coffee iPPO』は小川の畔にひっそりとたたずむ小さな珈琲店。
美しい里山の風景を眺めながら辿り着いたその場所で、自家焙煎の、一杯のコーヒーに出会います。


『晩秋の福島〜宮城〜岩手〜うたの旅』
Vol.4
@岩手県陸前高田市

日時
2019年11月05日(火)
午後6時30分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
ジャズタイム・ジョニー
岩手県陸前高田市竹駒町字仲ノ沢9
0192-54-3934 

料金
予約・前売&当日・とも¥1,500-(1Dr.付)



『ジャズタイム・ジョニー』には、過去二回行ったことがあるはずだ。
陸前高田市でカメラ店『和光堂』を営んでいた菅野有恒さんがお世話をしてくれて、一度は、やなぎさんと演ったこともある。
東日本大震災の折、津波にのまれ、菅野さんはご夫妻共に、お亡くなりになった。
ご存知のように、陸前高田市は、津波で壊滅状態になった。
2013年のツアーで岩手県宮古市に行った帰り、陸前高田市を通りかかったが、どこまでも見渡せる光景に愕然とした。
菅野さんのカメラ店も『ジョニー』も、どの辺りにあったのか、ボクには皆目見当がつかなかった。
・・・今回は、『ジョニー』のお仲間の方から、「近くまで来る機会があったら、ぜひ・・・」と、ちょうど良いタイミングで、知人を介して連絡をしていただいたので、「この機会を逃したら、次はいつになるかわからないからなぁ・・・」と思い、唄いに行かせていただくことになった。
仮設店舗の『ジョニー』・・・唄わせていただきます・・・♬  


『向寒の関東辺り〜うたの旅』
No.1
@小田原市酒匂

O.A.:矢沢ウエイチ

日時
2019年11月08日(金)
お店は12時から営業中/午後7時00分:開演

会場
きらきら食堂
神奈川県小田原市酒匂1-17-9
0465-47-9471

料金
予約・前売&当日・とも¥2,500-(飲食別途)



『きらきら食堂』は、一見すると、街角の普通の食堂の様であるらしい。
・・・だが・・・どうも、そうでもないらしい。
時々、夕刻からはライブもしているらしい。
すこ〜し考えれば思い当たるではないか・・・『きらきら食堂』というネーミング。
ご飯も美味しいに違いない。
それも楽しみ♬
今回のお世話してくれた、矢沢ウエイチさんが、O.A.もしてくれるというのであった。


『向寒の関東辺り〜うたの旅』
No.2
@世田谷・下北沢
⭐ ラ・カーニャ 25周年月間 ! ⭐

日時
2019年11月09日(土)
午後6時30分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
ラ・カーニャ
東京都世田谷区北沢2-1-9 第二熊崎ビルB-1
03-3410-0505 

料金
予約・前売¥3,000ー/当日¥3,500ー(要別途オーダー)



言わずと知れた、下北沢『La Cana/ラ・カーニャ』。
なんとなんと・・・25周年なんだって・・・!!
夜毎、先輩諸氏、友人たちが集まり、ライブもよくやっているお店。
ボクの唯一のライブアルバム『Folk of Ages』(with松永孝義)は、ここでのライブだった。
なぜだか『ラ・カーニャ』では、いつも少しおかしな力が入ってしまいがちなボクである。
今回は、の〜んびり、ゆ〜っくり、演りたいもんだと・・・思っているのです。
よろしく〜〜♬


『向寒の関東辺り〜うたの旅』
No.3
@東京都羽村市

O.A.:なかのひでお

日時
2019年11月10日(日)
午後5時00分:開場 / 午後6時00分:開演

会場
ライブカフェ・ミスターボージャングル
東京都羽村市五ノ神1-8-6 エーケービルはむら103
090-4529-5190 

料金
予約・前売¥2,500ー/当日¥3,000ー(要別途オーダー)



羽村『ミスターボージャングル』は新しいお店らしい。
今回O.A.をやってくれる、なかのひでおさんの古い友人が開いたという。
なかのさんは、羽村の隣の福生にあったライブ居酒屋『休みの国』でも二回ほどO.A.をやってくれた。
『休みの国』の店主・木村ひろしさんが亡くなり、閉店してしまったので、「もうあの辺りには行く機会はないんだろうなぁ・・・」と、寂しく思っていたのだが、なかのさんから「こんなお店ができたので・・・どうですか?」と連絡があったのだった。
中川五郎・訳の「ミスターボージャングル」・・・歌おうかなあ・・・♬


『向寒の関東辺り〜うたの旅』番外編
@国立市

『中川フォークジャンボリー』
中川五郎
ゲスト:いとうたかお

日時
2019年11月11日(月)
午後6時30分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
ギャラリービブリオ
東京都国立市中1-10-38 
042-511-4368 

料金
木戸銭/2,500円(要予約:限定30席)



『中川フォークジャンボリー』は、国立市の「ギャラリービブリオ」で、2015年からほぼ隔月で催されているのだそうだ。
中川五郎さんが、ホストの様にして、毎回ゲストを迎えているらしい。
前々から「機会があったら観に行くだけでも面白そうだなあ、できれば演らせてもらいたいもんだなあ・・・」と思っていたのだが、ついに、五郎さんから連絡をいただき、行けることになった。
『晩秋の福島〜宮城〜岩手〜うたの旅』から『向寒の関東辺り〜うたの旅』の締めに、先達の『中川フォークジャンボリー』で唄えるのは、嬉しい限りです・・・♬


「冬立ちて」〜うたの宵
 『いとうたかお ライブ』

企画:PASERI PLAY PRODUCE

日時
2019年11月17日(日)
午後6時00分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
grotta(グロッタ)
豊橋市駅前大通1-114-105
予約・問い合わせ:090-1720-0704(杉浦) 

料金
チャージ/2,500円(別途1ドリンク500円)定員25名



「grotta」は、実は40年以上もその場所に存在している・・・らしい。
そして、40年ほど前、初めてgrottaでライブをやったのは・・・ボク・・・と何人かがそう言うのだが、本当に失礼千万な話なのですが、なぜか、ボクの記憶にないのでした。・・・ナゼなんだろう・・・???

そして昨年、その頃からのgrottaマスターは隠居することになり、今度は新しいgrottaママが切り盛りするようになったのだった。
お店としては、しょっちゅうライブをするつもりではないらしいけれど、ボクは、「ここでPAを使わずに生で唄わせてもらいたい」と思い、その想いを伝えたところ、grottaママは快諾してくれたのでした。
冬立つころ・・・豊橋の皆さんと、ゆっくりと夜を一緒に過ごせたらいいなぁ・・・と思っている次第です。


いとうたかお ライブ

Tokuzo

with
宮嶋哉行 (Violin)

日時
2019年12月07日(土)
午後6時00分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
得三/Tokuzo
名古屋市千種区今池1丁目6-8 ブルースタービル2F
052-733-3709 

料金
前売&予約:¥2,500- / 当日¥3,000-(要別途オーダー)



毎年、12月の第1土曜日に『Tokuzo』で演らせてもらっている。
今回で22回目となる。
ほとんどはソロだったが、何度かは、サポートミュージシャンを迎えたり、ゲストを迎えたこともあった。
今回は、バイオリニスト・宮嶋哉行(ミヤジマサイコウ)氏を迎えることになった。
昨年リリースしたボクのアルバム『そうかい』に、一曲参加してもらったし、今年の大阪・『祝春一番』では二人で演った。
説明の出来ないプレースタイル・・・アプローチをする人である。
みなさんにも、ぜひ宮嶋哉行を体験していただきたい、と思うのです。
12月7日、Tokuzoでボクは宮嶋哉行と一緒に自由になる・・・からね・・・♬


いとうたかお ライブ

犬山『ふう』

日時
2019年12月28日(土)
午後6時30分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
珈琲 ふう
愛知県犬山市大字犬山東古券558
0568-61-6515

料金
前売&予約:¥2,800- / 当日¥3,000-(1D付き)



ここ、犬山の『珈琲 ふう』で、この辺りの時期に演らせてもらうようになっては9回目・・・12月の最終土曜日に、となって・・・7回目となった・・・ハズである。
生音ライブである。
しんっ、として、空気も澄んで、いつもいい感じの緊張感がある。
いつからか、毎回、遠くから泊まりがけで来てくれるようになった人も、何人かいらっしゃる。
ライブ後の、忘年会のような飲み会も、楽しみなのですよ。
気が向きましたら、体調を整えて、最後までお付き合いのほどを・・・♬


レッツPHP!