ライブの詳細は、会場・主催者にお問い合わせください。


Circle Game
@
大阪・玉造

出演
松田ari幸一/斉藤哲夫
駒沢裕城/いとうたかお

日時
2018年11月17日(土)
午後6時00分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
さんくすホール
大阪市東成区中道3-14-17
06-6972-3942 
◆ご予約・お問い合わせ:ホイホイレコード
tel/090-6026-5081 
email/oshiete@hoyhoy-records.com
前売りチケットは、ホイホイレコードで販売しています。
会場への入場は、チケットに記載された整理番号順となります。

料金
ADV.\4,500-/DOOR\5,000-(+drink)



ボクはたくさんのミュージシャンから影響を受けている。
それも、外国のではなく、日本の人たちに、である。
今回はその中でも、この御三方・・・♬
松田ari幸一氏は、初めて大阪に行った1971年頃、「ハーモニカの吹き方を教えて欲しい」と言うと、「じゃあウチにおいで」と言って招いてくれたことがあり、それ以来ボクは勝手にハーモニカの師匠と思っている。ファーストアルバムにも参加してもらい、以降も数々お世話になってる。
斉藤哲夫氏は同年輩だけれど、彼はデビューも早く、知り合う前から聴いていたし、知り合ってからは、その明るく真っ正直な物言いや人当たりの良さにも惹かれている・・・せっかちすぎるのはしょうがないか(笑)・・・。
駒沢裕城氏は1999年と2000年のアルバムでは全面的に協力してもらい、その音から感じられる純粋・・・エゴのなさ・・・存在が音の中に透き通って消えてゆく感覚・・・に打ちのめされた想い出がある。
そんな人たちと、こんな風に一緒にやれる機会に恵まれて、嬉しい・・・他には言うこと無し・・・なのです。


Circle Game
@
愛知・豊橋市
(午後5時00分:開場 / 午後6時00分:開演)

出演
松田ari幸一/斉藤哲夫
駒沢裕城/いとうたかお

日時
2018年11月18日(日)
午後5時00分:開場 / 午後6時00分:開演

会場
天水
愛知県豊橋市福岡町42
0532-38-9055 
◆ご予約・お問い合わせ:ホイホイレコード
tel/090-6026-5081 
email/oshiete@hoyhoy-records.com
前売りチケットは、ホイホイレコードで販売しています。
会場への入場は、チケットに記載された整理番号順となります。

料金
ADV.\4,500-/DOOR\5,000-(+drink)



ボクはたくさんのミュージシャンから影響を受けている。
それも、外国のではなく、日本の人たちに、である。
松田ari幸一氏は、初めて大阪に行った1971年頃、「ハーモニカの吹き方を教えて欲しい」と言うと、「じゃあウチにおいで」と言って招いてくれたことがあり、それ以来ボクは勝手にハーモニカの師匠と思っている。ファーストアルバムにも参加してもらい、以降も数々お世話になってる。
斉藤哲夫氏は同年輩だけれど、彼はデビューも早く、知り合う前から聴いていたし、知り合ってからは、その明るく真っ正直な物言いや人当たりの良さにも惹かれている・・・せっかちすぎるのはしょうがないか(笑)・・・。
駒沢裕城氏は1999年と2000年のアルバムでは全面的に協力してもらい、その音から感じられる純粋・・・エゴのなさ・・・存在が音の中に透き通って消えてゆく感覚・・・に打ちのめされた想い出がある。
そんな人たちと、こんな風に一緒にやれる機会に恵まれて、嬉しい・・・他には言うこと無し・・・なのです。


いとうたかお LIVE
@
焼津・夢擂屋

OA:モンブラン&てつ / 灯 (ともり)

日時
2018年11月24日(土)
午後6時00分開場/午後7時00分開演

会場
夢擂屋(むずりや)
静岡県焼津市八楠3丁目11-18
090-8958-9727(店主・岩川)

料金
前売・当日とも¥2,000-(要別途オーダー)


『夢擂屋』は、古〜〜くからの友人夫妻が営んで久しい居酒屋さん。
旦那が亡くなって何年になるだろう。
ジャンルを問わずの音楽好きなのは、残された女将さんも同じくで、月に数回のライブを、今も続けてくれている。
ボクは、毎年秋口におじゃましているが、今年は秋も深まるこの日となった。
今回のオープニング・アクトは、モンブラン&てつ、 灯 (ともり)、ふた組が申し出てくれた。
つまみ、酒、ご飯も美味しい、居酒屋『夢擂屋』だ。
よろしくね〜〜〜♬


Circle Game
@
東京・下北沢

出演
松田ari幸一/斉藤哲夫
駒沢裕城/いとうたかお

日時
2018年11月25日(日)
午後6時00分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
440
東京都世田谷区代沢5-29-15 SYビル
03-3422-9440 
◆ご予約・お問い合わせ:ホイホイレコード
tel/090-6026-5081 
email/oshiete@hoyhoy-records.com
前売りチケットは、ホイホイレコードで販売しています。
会場への入場は、チケットに記載された整理番号順となります。

料金
ADV.\4,500-/DOOR\5,000-(+drink)



ボクはたくさんのミュージシャンから影響を受けている。
それも、外国のではなく、日本の人たちに、である。
松田ari幸一氏は、初めて大阪に行った1971年頃、「ハーモニカの吹き方を教えて欲しい」と言うと、「じゃあウチにおいで」と言って招いてくれたことがあり、それ以来ボクは勝手にハーモニカの師匠と思っている。ファーストアルバムにも参加してもらい、以降も数々お世話になってる。
斉藤哲夫氏は同年輩だけれど、彼はデビューも早く、知り合う前から聴いていたし、知り合ってからは、その明るく真っ正直な物言いや人当たりの良さにも惹かれている・・・せっかちすぎるのはしょうがないか(笑)・・・。
駒沢裕城氏は1999年と2000年のアルバムでは全面的に協力してもらい、その音から感じられる純粋・・・エゴのなさ・・・存在が音の中に透き通って消えてゆく感覚・・・に打ちのめされた想い出がある。
そんな人たちと、こんな風に一緒にやれる機会に恵まれて、嬉しい・・・他には言うこと無し・・・なのです。


いとうたかお LIVE
@
東京・東中野『Cafe じみへん』

日時
2018年11月26日(月)
午後7時00分:開場 / 午後7時30分:開演

会場
Cafe じみへん
東京都中野区東中野1-46-11
HIKOTAビル 1F
090-9242-6183 

料金
前売・当日とも¥3,000-(要別途オーダー)



昨年の5月から約一年半振りの東中野『Cafe じみへん』だ。
大都会は少々苦手なボクだが、お店に入ってしまえば、そんなことは忘れてしまう雰囲気の、熟年ママが一人で切り盛りするお店なのだ。
この日は、一人でゆっくりと唄わせてもらいます。


いとうたかお Live

得三

日時
2018年12月01日(土)
午後6時00分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
得三/TOKUZO
名古屋市千種区今池1丁目6-8 ブルースタービル
052-733-3709 

料金
前売&予約:¥2,500- / 当日¥3,000-



毎年12月の第一土曜日には、『得三』でソロでライブをやらせてもらうことにしている・・・というか、勝手にそう思って、毎年過ごしている。
実は当初、ボクの新アルバム『そうかい』は、この今年の12月の「TOKUZO・Live」に間に合うように作ろう・・・と思っていたのだが、3月初旬に録音を始めたら、結構順調に進んで、おかげで8月には出来上がり、そして発売することも出来たのだった。
・・・なので、このライブは、一応、「レコ発ライブ」の気分で挑もうと思っている次第です。


LIVE
〜 冬 凪 〜
いとうたかお × 阪井誠一郎
@
カフェ あらたると

出演:
阪井誠一郎 / いとうたかお

サポート・ミュージシャン:
宮下広輔(ペダルスティール)

日時
2018年12月15日(土)
午後6時30分:開場 / 午後7時30分:開演

会場
カフェ あらたると
名古屋市千種区今池3丁目2-9
【ご予約&お問い合わせ】
電話:052-898-6612 
メール:alatarto2010@yahoo.co.jp

料金
前売&予約:¥2,000- / 当日¥2,500-(共に要別途オーダー)



このライブ、早々と夏頃にオファーをいただいた。
電話をくれたのは『カフェ あらたると』のオーナーだったが、「主催の方からの要望で・・・」という、嬉しいお話であった。
ご一緒するのは、阪井誠一郎と宮下広輔、両君ということだった。
阪井誠一郎さんは、
・・・大阪を中心に活動するアコースティックバンド・ROBOW (ロボウ)の中心人物。(この人・阪井誠一郎さんは、大阪・春一番コンサートのスタッフでもあり出演者でもあるので、毎年5月には顔を合わせている)
宮下広輔さんは、
・・・きわわ、PHONO TONESなどのバンドのメンバーでもあるが、ジャンル、場所を問わず、年間120本以上のライブ、レコーディングに参加する神出鬼没なペダルスティールプレイヤー。(・・・というか、ボクは昨年も宮下広輔とは春一番コンサートで一緒に演奏してもらっているし、新アルバム『そうかい』には一曲だけどバンドで参加してもらったものが収録されている)
そして、阪井誠一郎さんと宮下広輔さんも度々一緒に演っているということで、この日はきっと、三つ巴の面白い展開になるのではないか・・・と期待しているのであります。


いとうたかお ライブ

犬山 ・ 『ふう』

日時
2018年12月29日(土)
午後6時30分:開場 / 午後7時00分:開演

会場
珈琲 ふう
愛知県犬山市東古券558
0568-61-6515

料金
前売&予約:¥2,800- / 当日¥3,000-(共に1D付き)



言わずと知れた、犬山の『珈琲 ふう』である。
毎年12月の最終土曜日に、全くの生音でライブをやらせてもらうことが恒例になって・・・何年になるだろう。
季節も季節だし、場所も場所・・・静かで、ちょっと張り詰めたような雰囲気の空間になる。
ライブのあとは、忘年会のような飲み会になっていくのだが・・・いや、まず、ワタクシとしては、それは、精一杯唄うことが出来てこその楽しみなのですね。
今年も、ラストライブ、よろしくお願いします。


WATARU 70th
高田渡・古希の宴

出演
佐藤GWAN博 / 佐久間順平 / いとうたかお

通常より少し早い時間の催しです
(午後4時30分:開場 / 午後5時00分:開演)

日時
2019年01月13日(日)
午後4時30分:開場 / 午後5時00分:開演

会場
北方町増屋町『啓文社記念館』
岐阜県本巣郡北方町北方1697-1
【ご予約】は、翠(みす)さんまで
090-9025-8195 

料金
3,000円



師・高田渡が亡くなったのは2005年4月16日。
今更だが、56歳だった。
誕生日は1949年1月1日ということであるから、今度は古希ということになる。
それにしても、この催しに声をかけていただいたことは、とっても嬉しい。
しかし、寂しいような、有り難いような、懐かしいような・・・複雑な心持ちである。
渡さんの生まれ故郷・北方。
GWANさん、順平さんと、それぞれの思い出話なども聞けたらなぁ、などと思ってみたりする。
寒い時期だけど、きっと、暖かい催しになることでしょう♬


レッツPHP!