ライブの詳細は、会場・主催者にお問い合わせください。


橋の下世界音楽祭
SOUL BEAT ZERO
2017

5月26日(金)、27日(土)、28日(日)

いとうたかお 出演日は26日です。

日時
2017年05月26日(金)
詳細は、催しH.P.(下段のボタンをクリック)を御覧ください

会場
豊田大橋 橋の下
豊田大橋 橋の下 

料金
催しH.P.(上段のボタンをクリック)を御覧ください



東北の震災後2012年から始まった『橋の下世界音楽祭』。
三年振りに声を掛けてもらった。
嬉しいかぎり嬉しいかぎりである。

以下、H.P.『開催にあたって』から、ほんの一部を抜粋させていただく。
====================
橋の下世界音楽祭は一見派手にやっとりますが、入場無料、投げ銭式で、中身は精鋭の仲間達で作るDIYの大衆芸術音楽祭です。

助成金や大手スポンサーなども無く、基本的には祭りに賛同する個人や個人店、個人小企業の皆さんの血銭から分けて頂く協賛金と、出店料、キャンプ、駐車場、グッズ販売のわずかな売上げのみで運営しています。

橋の下は巷の音楽フェスとは一線を引き、それとは違うと断言させて頂きます。

会場は、河川敷から竹を800本程刈りだし、街から出る建築廃材を集め、そこに集まったゴミで何ができるのか、設計図無しのジャムセッションのように大工や職人達が3日間の幻の橋の下町を創っていきます。これも大工や大工経験のある音楽家や仲間達がボランティアで10日ほどかけ創っていき発想や作りを競い合いあい出来た町を見て讃えたり笑ったりしながら祭りが始まります。

橋の下では役職も何も関係ない、裸の人間と人間であるだけなわけです。本来、真理としてはそうなんだと僕は思いますが。。

しかしながら、もちろん礼儀や道徳は当然あります。
なんでもいいわけじゃあありません。

まあ、そこらへんも人それぞれなので、あえて沢山のルールは作らないようにしていますので、 そこらへんわきまえて、大人も子供も社長さんに役人さんも、ぶっ飛んで一緒に遊んでいって命の充電していってくれたら何よりです。
====================
以上は、H.P.『開催にあたって』からの一部を抜き出したものだ。
ぜひぜひ、一度、全文を読んでいただきたい。


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 東中野

いとうたかお
O.A.:賢朗

日時
2017年05月31日(水)
午後7時00分 開場 午後7時30分 開演

会場
じみへん
東京都中野区東中野1-46-11/HIKOTAビル1F
090-9242-6183 

料金
前売/当日とも¥2500(要別途オーダー)



数年前から、何人かの方から
「《じみへん》でやったら〜〜!」・・・と言われていた。
今回、関東の四ヶ所でO.A.をやってくれる賢朗氏の口利きで、やっと実現。

大都会が苦手なボクですが、ちょっとビビりながら、それでも楽しみにしているのであります。


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 勝田台

いとうたかお
O.A.:賢朗

日時
2017年06月02日(金)
午後7時00分 開場 午後8時00分 開演

会場
昭和酒場/ひみつきち
千葉県八千代市勝田台北 1-3-1 
ヴェリテ勝田台1F
090-6144-3840 

料金
前売/当日とも¥3000-(1ドリンク付き)



今回の関東四ヶ所のライブをやることになったきっかけは、この『ひみつきち』で、賢朗氏が、とある人と出会い意気投合したこと・・・と聞いている。
その人は、どんな人なのか・・・それは行ってみてのお楽しみなのだ。
『ひみつきち』ホームページのトップ写真を見る限りでは、なんとも怪し気な雰囲気を醸しているではないか!!
う〜〜む、これは、油断できないぞ!!っと。


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 人形町

いとうたかお
O.A.:賢朗

日時
2017年06月03日(土)
午後6時00分 開場 午後7時00分 開演

会場
365 サロンゴカフェ
東京都中央区日本橋人形町1丁目8−2/谷津ビル1F
03-6661-1360 

料金
前売 \2,500- 当日 \3,000-(要別途オーダー)



今回の関東四ヶ所ライブの内、ここまでの三ヶ所は、O.A.を買って出てくれた賢朗氏がブッキングしてくれた。
賢朗氏は本名・畔柳賢朗という放送作家なのであるが、名古屋出身で、もう40年以上の付き合いになるが、彼のことはここではこれ以上掘らずにおきましょう。
人形町というので思い出すのはやはり『人形佐七捕物帳』なのだが、ボク達の年代では、松方弘樹か林与一の佐七だろうな。
物語中で佐七の住まいとなっている神田お玉が池は人形町とは近いが、少し離れているようだ。
じゃあ、佐七の二つ名・人形ってのは、人形町ではなくて人形のような美男子ってことなのかもね。
サロンゴの人に訊いてみようっと。
何はともあれ、昔ながらの東京の下町っていうのだろうか・・・この辺りに行くのは生まれて初めてだ。
ちょっと下調べして、早めに着いて、観光スポットなど巡ってみようかなあ
、などと思っている次第なのであります。


小さな歌に手を引かれ
麦秋の巻

@ 福生

いとうたかお
O.A.:中野ひでお / 賢朗

日時
2017年06月04日(日)
午後6時00分 開場 午後7時00分 開演

会場
酒楽・休みの国
東京都福生市福生1015-1
042-553-5517

料金
前売 \2,500- 当日 \3,000-(要別途オーダー)



さて、今回の関東四ヶ所ライブ『小さな歌に手を引かれ/麦秋の巻』最終日は、一昨年2015の10月以来、福生『酒楽・休みの国』だ。
店名はもろに居酒屋風なのだが、実は歌好きが集まる場所。
小さいが常設のステージがある。
前回もO.A.をやってくれた中野ひでおさん、そして他の三ヶ所も付き合ってくれる賢朗氏のお二人が、この日はO.A.をしてくれることになった。
よろしくお願いいたします〜〜〜♬


まっちゃんlive vol.233

⭐ いとうたかお ⭐

日時
2017年06月10日(土)
午後6時00分 開場 午後7時00分 開演

会場
Food & drink こずみっく
神戸市垂水区舞子台6-10-5
舞子久保ビル2F
078-782-7263 

料金
予約¥2500- 当日¥3000-(要別途オーダー)



あえて本名は書きません。
まっちゃん・・・です。
長〜〜いこと、いろんな唄い手のライブを企画してくれている。
233回目って、すごいことです。

今回も、舞子台『こずみっく』で、ボクは、ゆっくりのんびり唄わせていただきます。


いとうたかお LIVE
@
桃谷 マルコハウス

通常より早い時間帯でのライブです!!
午後3時30分 開場 午後4時00分 開演

日時
2017年06月11日(日)
午後3時30分 開場 午後4時00分 開演

会場
マルコハウス
大阪市生野区勝山北1-6-4
06-6718-1612 

料金
予約¥2500- 当日¥3000-(要別途オーダー)



大阪は桃谷の、秘密クラブのような、でも明るい家庭的家庭的な呑み食い処、
『マルコハウス』です。
今年も連絡をいただき、伺うことになりました。
住宅街の中の場所なので、開演が16時と早いのです。
みなさん、よろしくお願いいたします。
あっ・・・完全生音ライブです!!


ザ・四天王ライブ
@中津川

佐久間順平 / 佐藤GWAN博 / 井上としなり / いとうたかお

日時
2017年07月21日(金)
午後6時00分 開場 / 午後7時00分 開演

会場
中津川マジョリカバンブ−
岐阜県中津川市駒場801-1
0573-66-7211
【問い合わせ】090-3830-8023(西尾さん)

料金
チケット:3,000円 / ペアチケット:2枚一組5,600円



四天王とは、あまりにも恐れ多いが・・・ワタクシがそう言ったのではない。

ボク以外の御三方で何年かやっていたところに、昨年初めて、ボクにも声をかけてもらい、今回もご一緒させてもらえることになった。
同じメンバーで、豊橋でもやることになっているのは、これも昨年と同じ流れではありますが、楽しい時間になるのは間違いありません。
お楽しみ、お楽しみ・・・です♬


四人衆ライブ
@豊橋

佐久間順平 / 佐藤GWAN博 / 井上としなり / いとうたかお

日時
2017年07月23日(日)
午後6時00分 開場 / 午後7時00分 開演

会場
バークレイ(Berkeley)
愛知県豊橋市広小路3丁目28
0532-53-8535

料金
前売/当日とも¥3,000-(1ドリンク付き)



前々日の中津川からの流れである。
ボク以外の御三方で何年かやっていたところに、昨年初めて、ボクにも声をかけてもらい、今回もご一緒させてもらえることになった。

豊橋は、井上としなり氏のホームグラウンドである。
そして、『バークレイ』は、豊橋市のライブハウスの老舗である。
良き時間が流れるのは当然なのであります〜〜♬


レッツPHP!